遠景の 桃花うるめり 家系図の 餓死てふ記述
簡明にして 
                武下奈々子

(えんけいの とうかうるめり かけいずの がしちょう
 きじゅつ かんめいにして)

意味・・ある日、蔵でも開けたのか、垢にまみれた家系図
    をまぶしい春光のなかに広げて見ている。遠く桃
    畑の花は潤んだように桃色にけぶり、田園は長閑な
    景色をなしている。平穏な、潤沢な、暮らしのゆと
    りが、春の豊饒さを大地の香りとともに感じさせら
    れる。ただ、古い家系図の中の古びた古筆の記載は、
    きびしく、鋭く、訴えるように、一人の人名の傍注
    に「餓死」という表現を残している。簡潔なその一語
    を取り巻く状況を想像するのはこわい。「餓死」と
    記入することによって、後世を生きる者たちに伝え
    たかったことを考えれば、この簡明な記入の意志の
    かげにあった哀切な万感は胸に迫る。

    明るくうるむ遠景の桃花は、祖たちの農に生きた現
    実を継いで、眼前の農村は変化に変化を重ねている。
    古き日の忘却を誘いながら、かえって「餓死」のあ
    った春を忘れがたく記憶にさせるにちがいない。

 注・・うるめり=潤めり。潤っている。

作者・・武下奈々子=たけしたななこ。1952~ 。香川県生
    まれの歌人。

出典・・馬場あき子著「歌の彩事記」。