*************** 名歌鑑賞 **************


夏の夜の 伏すかとすれば 時鳥 鳴く一声に
明くるしののめ         
                紀友則

(なつのよの ふすかとすれば ほととぎす なく
 ひとこえに あくるしののめ)

意味・・夏の夜、横になったかと思うと、ほととぎす
    の鳴く一声でもう白み始める明け方であるよ。

 注・・しののめ=夜明け方。

作者・・紀友則=?~905。「古今集」撰者のひとり。

出典・・古今和歌集・156。