*************** 名歌鑑賞 ***************


放射能 見えないものに 襲われて 寒気感じる
節電の夏
                              安田大祐

(ほうしゃのう みえないものに おそわれて さむけ
 かんじる せつでんのなつ)

意味・・放射能は白血病などになる猛毒、危険なもので
    ある。だが目にも見えないし、匂いもない。い
    つ放射能に接するか分らないと思うと、寒気が
    する。節電で冷房を弱めているこの暑い夏に。

    平成23年3月11日に発生した東日本大地震の時
    に起きた原発事故の恐ろしさを痛感して詠んだ
    歌です。

作者・・安田大祐=やすだだいすけ。2011年当時大阪・
    清水谷高校2年生。

出典・・同志社女子大学編「31音青春のこころ・2012」。