*************** 名歌鑑賞 ****************


ふるさとの 潮の遠音の わが胸に ひびくをおぼゆ
初夏の雲
                 与謝野晶子

(ふるさとの しおのとおねの わがむねに ひびくを
おぼゆ はつなつのくも)

意味・・初夏の空を流れてゆく雲を見つめていると、
    潮の遠鳴りを聞きながら育った故郷、堺の町
    のことがなつかしく思い出されます。

作者・・与謝野晶子=よさのあきこ。1878~1942。
    堺女学校卒。

出典・・歌集「舞姫」(大塚寅彦著「名歌即訳与謝野晶子」)