*************** 名歌鑑賞 *****************
 

むかしみし 垂井の水は かはらねど うつれる影ぞ
年をへにける
                         藤原隆経

(むかしみし たるいのみずは かわらねど うつれる
 かげぞ としをへにける)

意味・・昔見た垂井の泉の水は昔と変わらないけれど、
    その水に映っている人の姿は、あれから長い
    年が過ぎたのだとわかることだ。

    変らない自然と我が身の老いへの感慨を詠ん
    でいます。

 注・・垂井=美濃国不破郡の地名。

作者・・藤原隆経=ふじわらのたかつね。生没年未詳。
    1071年頃活躍した人。美濃守・従四位下。

出典・・詞花和歌集・390。