*************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
うら恋し さやかに恋と ならぬまに 別れて遠き
さまざまな人
                  若山牧水

(うらこいし さやかにこいと ならぬまに わかれて
 とおき さまざまなひと)

意味・・好い感じの人だなと出会った時に思った人だか、
    お互いの気持ちを確かめあうこともなく、はっ
    きりとした恋愛にならないまま、いつしか別れ
    た人々。振り返ると懐かしく思い出される。

 注・・うら=なんとなくそんな気がする。例「うら寂
     しい」「うら悲しい」。
    うら恋し=懐かしく思いだされる。恋とはまで
     は行かない淡い関係だったが、なんとなく恋
     しく思われる。

    遠き=実際の距離が遠い、精神的な距離の長さ、
     別れてから経過した時間の長さ、を含める。

作者・・若山牧水=わかやまぼくすい。1885~1928。
    早稲田大学卒。尾上柴舟に師事。

出典・・俵万智著「あなたと読む恋の歌百首」。