*************** 名歌鑑賞 ****************


駆けあがり 庭のかたへに 踏み脱ぎし 小木履見れば
涙し流る
                   大倉鷲夫

(かけあがり にわのかたえに ふみぬぎし こぼくり
 みれば なみだしながる)

意味・・部屋に駆け上がる時、庭の端へ脱ぎ飛ばした
    小さなあの子の木履を見ると涙がこぼれる。

    詞書は「二男大蔵病死の時作歌」です。死ん
    だ男の子は四歳だったと伝えられている。小
    さな男の子だから、庭から部屋に上がるのに
    履物をそろえてなどは脱がない。駆け上がる
    勢いで脱ぎ散らかしたのがそのままになって
    いるのである。元気よく駆け上がっていたの
    に、急病でそのまま寝つき死んでしまった。
    亡くなった後で庭の木履を見て、元気の良か
    った時の子を思いださせて、涙がこぼれるの
    であった。

 注・・木履(ぼくり)=木製のくつ。下駄。
    涙し=「し」は上接する語を強調する語。

作者・・大倉鷲夫=おおくらわしお。1780~1850。
    高知の商家の生まれ。

出典・・藤平春男編「和歌鑑賞辞典」。