*************** 名歌鑑賞 ****************
 
 
恋そめし 心をのみぞ うらみつる 人のつらさを
われになしつつ
                 平兼盛

(こいそめし こころをのみぞ うらみつる ひとの
 つらさを われになしつつ)

意味・・冷たくなったあなたを、恋するようになった私の
    心を一方的に責めていました。相手の思いやりの
    なさを、自分の過失ばかりにして。

    つれない人を恨んでも詮無いこと、こんな冷たい
    人を恋い初めたわが心をこそ恨めしく思うと、詠
    んだ歌です。

 注・・うらみつる=恨む、責める。
    つらさ=冷淡、薄情、思いやりのなさ。
    なしつつ=為しつつ。ことさら・・する、・・の
     せいにする。

作者・・平兼盛=たいらのかねもり。?~990。従五位・
    駿河守。三十六歌仙の一人。

出典・・後拾遺和歌集・638。