**************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
いたづらに なす事もなく くれはつる としもつもりの
うらめしの世や
                    寒河正親

(いたずらに なすこともなく くれはつる としも
 つもりの うらめしのよや)

意味・・今年はこれだけの事をした、という充実感もなく、
    無駄に月日を送ってはや年も暮れようとしている。
    悔やまれることである。子や孫よ、こんな事では
    いけないのだぞ。

 注・・としもつもり=年も積り。月日が積み重ねる。

作者・・寒河正親=さむかわまさちか。生没年未詳。江戸
    時代の初期の教訓的作者。

出典・・教訓書「子孫鑑(しそんかがみ)」。