***************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
一瀬には 千遍障らひ 逝く水の 後にもあはむ
今ならずとも
                大伴像見

(ひとせには ちたびさわらい ゆくみずの あとにも
 あわん いまならずとも)

意味・・一つの瀬で千遍も妨げられては砕け散って流れ
    行く水がやがて一つになるように、先々ではお
    逢いしましよう。今でなくても。

    お互いの事情で中々会えないが、障害を乗り越
    えていつかきっと逢って恋を成就させたいとい
    う願いを詠んでいます。

 瀬=渕に対して流れの浅いところ。

作者・・大伴像見=おおともかたみ。生没年未詳。772
    年従五位上になる。

出典・・万葉集・699。


◎この度、メルマガ「名歌鑑賞」がまぐまぐ大賞2014に
選ばれました。これは皆様方の暖かいご支援の賜物だと
思っています。誠にありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。
   まぐまぐ大賞2014 アート・文芸部門8位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/art.html