*************** 名歌鑑賞 *****************


肩を落とし 去り行く選手を 見守りぬ わが精神の
遠景として         
                   島田修二

(かたをおとし さりゆくせんしゅを みまもりぬ わが
 せいしんの えんけいとして)

意味・・グランドの出口のほうへ、敗れ去った選手が
    うなだれて消えていくのを見つめていると、
    痛いものに触れないようにして来た私の精神
    の遠景として、選手の後ろ姿がしきりに重な
    ってならない。

    敗者の後ろ姿に、悔しさ・惨めさを思いやり、
    自分が原爆にあった体験や身体障害児の父親
    としての苦痛を重ねている。
    そして、この悔しさをバネに必ず頑張って見
    せるぞ、という気持ちがこめられている。

作者・・島田修二=しまだしゅうじ。1928~2004。
    東京大学卒。宮柊二に師事。新聞記者。在学
    中に広島の原爆に会う。身体障害者の父とし
    て苦悩を味わう。

出典・・歌集「青夏」(笠間書院「和歌の解釈と鑑賞
    辞典」)