***************** 名歌鑑賞 ******************


風の音の 身にしむばかり 聞ゆるは 我が身に秋や
ちかくなるらん           
                  詠人知らず
                
(かぜのおとの みにしむばかり きこゆるは わがみに
 あきや ちかくなるらん)

意味・・風の音が身にしむほど冷たく悲しく聞えるのは、
    季節の秋とともに、私の身にあの人の「飽き」
    が近づいてきたからなのだろうか。

    男女の仲が疎遠になった頃詠んだ歌です。

 注・・我が身に秋=「季節の秋」と「あの人の飽き」
     を掛ける。
 
出典・・後拾遺和歌集・708。