************ 名歌鑑賞 *************


枯野かな茅花の時の女櫛
               西鶴
 
(かれのかな つばなのときの おんなぐし)
 
意味・・枯野の中に華やかな女櫛が落ちている
    のが目についた。これは過ぎし春の野
    遊びでつばなを摘みに来た若い女性が
    落としたものだろうか。
 
 注・・茅花(つばな)=茅萱。初夏、白い毛を
     密生した花を咲かせる。若い花穂を
     茅花と呼ぶ。甘味があり食べられる。
 
作者・・西鶴=さいかく。井原西鶴。1641~
    1693。
 
出典・・元禄百人一句(岩波書店「元禄俳諧集」)