**************** 名歌鑑賞 ****************


もののふの 八十宇治川の 網代木に いさよふ波の
ゆくへ知らずも   
                  柿本人麻呂

(もののうの やそうじがわの あじろぎに いさよう
 なみの ゆくえしらずも)

詞書・・近江の荒れた都を過ぎる時に詠んだ歌。

意味・・宇治川の網代木にしばしとどこおるかに
    見える波、この波は一体どこへ流れ去っ
    てしまうのであろう。

    波の行方に人の世の無常感(物事は生滅変
    転すること)を詠んだ歌です。戦火で荒廃
    した都の行方はどうなるのだろうかの意。

 注・・近江の荒れた都=天智天皇の近江の大津の
     宮の廃墟。壬申(じんしん)の乱(672年)
     の戦火で焼かれ廃墟になった。
    もののふの八十=「宇治」を起す序。「八十
     氏」の枕詞。「もののふは」文武百官。
     多くの氏族に分かれている意。
    網代木=魚を取る網代を設ける場所に並べ打
     った棒杭。
    いさよふ=移動しかねて同じ所にただよう。

作者・・柿本人麻呂=七世紀後半から八世紀初頭の人。
      万葉時代の最大の歌人。
 
出典・・万葉集・264、新古今和歌集・1650。