**************** 名歌鑑賞 *****************


此木戸や 錠のさされて 冬の月
                    宝井其角
                 
(このきどや じょうのさされて ふゆのつき)

意味・・夜も更けてほとんど人通りの絶えた刻限である。
    大木戸の門はすでに閉ざされており、空には寒々
    とした冬の月が冴えわたっている。

        門限に間に合わなかった、遠回りして別の道を通
    り帰らねばならないのか。この寒い夜に。残念!

 注・・木戸=城戸・城門で、城や柵に設けた門である
     が、ここでは江戸時代市街地の通路に警備の
     ために設けた門。夜十時以降はこれを閉ざし
     て一般の通行を禁じた。

作者・・宝井其角=たからいきかく。1661~1707。母
    の性、榎本と称していたがのちに宝井と改めた。
    医術・儒学を学ぶ。15歳頃芭蕉に入門。
 
出典・・猿蓑。