*************** 名歌鑑賞 **************


隅々に残る寒さやうめの花
               与謝蕪村 

(すみずみに のこるさむさや うめのはな)

詞書・・すりこ木で重箱を洗ふごとくせよとは、政
    (まつりごと)の厳刻なるをいましめ給ふ。
    賢き御代の春にあふて。

意味・・春になって、梅が開花したとはいえ、冬の
    寒さが世間のあちらこちらに残っている。

    世間隈なく春なれかしと仁政を期する寓意
    句です。

 注・・すりこ木で重箱を洗ふ=大井利勝による戒
     めの言葉「丸き木にて角なる器の中をか
     きまわす如くにあれば事よき事なり。丸
     き器の内をまはす如く隅々まで探せば事
     の害出来候ぞ」による。

    賢き御代=新しい帝の治政。

作者・・与謝蕪村=よさぶそん。1716~1783。南宗
    画の大家。
 
出典・・蕪村全句集・126。