*************** 名歌鑑賞 ***************

 
わが宿の 梢ばかりと 見しほどに よもの山辺に
春はきにけり
                  源顕基

(わがやどの こずえばかりと みしほどに よもの
 やまべに はるはきにけり)

意味・・わが家の梢だけに花が咲いて、春が来ている
    と思っているうちに、あちこちの山のあたり
    に山桜が咲き春が来たことだ。

 注・・梢ばかりと=(桜の)木の枝先に(花が咲いて春
     が来た)と。
    よもの山辺=四方の山辺。あちらこちらの山の
     あたり。

作者・・源顕基=みなもとのあきもと。1000~1047。
    従三位権中納言。

出典・・後拾遺和歌集・106。