**************** 名歌鑑賞 *****************


ゆきをつみ 蛍あつめし 窓のまえに おもいぞいづる
いにしえの人
                  徳川光圀
             
(ゆきをつみ ほたるあつめし まどのまえに おもいぞ
 いずる いにしえのひと)

意味・・その昔、中国の晋(しん)の孫庚という人は家が貧し
    くて油を買う事が出来ないので、冬の夜は窓に雪を
    積み、その光で書を読み勉強した。また同じ国の車
    胤(しゃいん)という人も油が買えないから、夏の夜
    は蛍を集めてその光で本を読んだ。そうした古人の
    向学の志、まことにゆかしいものと、窓の前で思い
    出すことである。

作者・・徳川光圀=とくがわみつくに1628~1700。陸奥国
    水戸藩の第二代藩主。「水戸黄門」で有名。
 
出典・・常山詠草。