**************** 名歌鑑賞 ***************


くれないの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 針やはらかに
春雨のふる
                     正岡子規
             
(くれないの にしゃくのびたる ばらのめの はり
 やわらかに はるさめのふる)

意味・・くれない色の二尺ばかり伸びた薔薇の新芽、
    その柔らかな棘に、細かに静かにいま春雨
    が降り注いでいる。

作者・・正岡子規=まさおかしき。1867~1902。
    35歳。東大国文科に入るが中退。

出典・・竹乃里歌。