****************** 名歌鑑賞 ******************

 
うらうらに 照れる春日に ひばりあがり 心悲しも
ひとりし思へば
                    大伴家持
             
(うらうらに てれるはるひに ひばりあがり こころ
 かなしも ひとりしおもえば)

意味・・うららかに陽射しは輝き、ひばりが空高く舞い上がって
    いる。そんな陽気な春のただ中にあっても、私の心はひ
    たすらに悲しい。たった一人で物思いにふけっていると。

    心地よい春になったのに憂鬱な気持ちが去らない事を詠
    んでいます。その憂鬱は、古来からの権門である大伴氏
    に生まれながら、藤原氏の台頭により朝廷での地位が振
    るわない事に起因している、と解釈されています。

 注・・うらうらに=のどやかに。
    ひとりし=「し」は上接する語を強調する副助詞。

作者・・大伴家持=おおとものやかもち。718~785。少納言。
    大伴旅人の長男。「万葉集」の編纂に携わる。
 
出典・・万葉集・4292。