**************** 名歌鑑賞 ***************

 
髪しろく なりても親の ある人も おほかるものを 
われは親なし           
                 橘曙覧

(かみしろく なりてもおやの あるひとも おおかる
 ものを われはおやなし)

意味・・髪が白くなっても両親がそろっている人も大勢
    いるといのに、私の親は父も母もいない。

    父の17年忌に詠んだ歌です。
    曙覧は母を2歳で、父を14歳の時に亡くして
    います。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。早く
    父母に死に分かれ、家業を異母弟に譲り隠棲。
    福井藩の重臣と親交。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。