**************** 名歌鑑賞 ****************


藤波の 花は盛りに なりにけり 奈良の都を 
思ほすや君
                大伴四綱

(ふじなみの はなはさかりに なりにけり ならの
 みやこを おもおすやきみ)

意味・・ここでは藤の花が満開になりました。奈良の都を
    懐かしんでいらっしゃいますか、あなたも。

    大宰府の長官である大伴旅人に歌いかけたもので
    す。美しく咲いた藤の花を見て、

   「あおによし奈良の都は 咲く花のにほふがごとく
    今盛りなり」の奈良の都を思い出しています。

   (奈良の都は、咲いている花が色美しく映えるよう
    に、今や真っ盛りである)

 注・・藤波=藤の花。花房を波に見立てた語。
     
作者・・大伴四綱=おおとものよつな。生没年未詳。大宰
    府の防人司の長官。

出典・・万葉集・330。