***************** 名歌鑑賞 ***************


たのしみは 門売りありく 魚買ひて 烹る鍋の香を
鼻に嗅ぐ時
                  橘曙覧

(たのしみは かどうりあるく うおかいて にるなべの
 かを はなにかぐとき)

意味・・私の楽しみは、通りを売り歩いている魚屋から
    魚を買って、それを鍋で煮るうまそうな匂いを
    鼻に嗅いでいる時です。

    現在は美味い物が食べたい時にいつでも食べら
    れるので、食べる楽しみが少なくなった。楽し
    みが少なくなるのは幸せな事なのだろうか、不
    幸なことなのだろうか。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。早く父
    母に死に分かれ、家業を異母弟に譲り隠棲。福
    井藩の重臣と親交。

出典・・グラフ社「独楽吟」。