***************** 名歌鑑賞 ***************


いたつきの 癒ゆる日知らに さ庭べに 秋草花の
種を蒔かしむ
                   正岡子規

(いたつきの いゆるひしらに さにわべに あきぐさ
 ばなの たねをまかしむ)

詞書・・しひて筆をとりて。

意味・・自分の病気は、いつになったら治るのか、それ
    すら分からないが、庭には秋咲きの草花の種子
    を蒔いてもらった。

    いくばくの命もなく、秋までは生きられないだ
    ろうと覚悟はしているが、何としても生き抜い
    て、この花の咲くのを見たいものだと、種を蒔
    いてもらった。

    死が近づき、気力も弱まった頃「しひて筆をと
    りて」詠んだ歌です。
    子規はその年の9月19日に没しました。
    
 注・・いたつき=労。骨折り、病気。

作者・・正岡子規=まさおかしき。1867~1902。35歳。
    東大国文科中退。脊髄カリエスで腰痛のため歩行
    困難になり長年病床に臥す。

出典・・歌集「竹の里歌」。