*************** 名歌鑑賞 ***************


東の 山の紅葉 夕日には いよいよ紅く
いつくしきかも
             田安宗武

(ひんがしの やまのもみじば ゆうひには いよいよ
 あかく いつくしきかも)

意味・・東のほうの山々の紅葉が、夕日が射すといっそう
    紅(くれない)色に映えて美しいことだなあ。

 注・・いつくしき=美しき。美しい、立派だ。
    かも=詠嘆を表す意。・・だなあ。

作者・・田安宗武=たやすむねたけ。1715~1771。八代
    将軍吉宗の次男。松平定信の実父。

出典・・東京堂出版「和歌鑑賞事典」。