**************** 名歌鑑賞 ****************


ふかき夜の 露に草葉は うづもれて 虫の音たかし
野べの月かげ
                  頓阿法師

(ふかきよの つゆにくさばは うずもれて むしの
 ねたかし のべのつきかげ)

意味・・深夜、一面に置いている露に、草葉は埋もれて
    しまって、野辺には月光が照りわたり、虫が高
    い音で鳴いている。

    草葉には露を置き、月光のもとに鈴虫が鈴を鳴
    らすように鳴いている秋の夜の美しい光景です。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。浄弁・
    慶雲・兼好らとともに、和歌の四天王と称され
    た。

出典・・新続古今和歌集。