***************** 名歌鑑賞 *****************


飛びあがり 宙にためらふ 雀の子 羽たたきて見居り 
その揺るる枝を
                 北原白秋

(とびあがり ちゅうにためらう すずめのこ はたたきて
 みおり そのゆるるえだを)

意味・・春、巣立ったばかりの雀の子には、見るもの触れる
    ものが何でも珍しい。枝を勢いよく飛び上がると、
    はばたきながら宙にとどまって、自分が止まってい
    たその枝が揺れるのを不思議そうに見ている。

    好奇心の強い子雀の様子を、温かい目で見つめてい
    ます。

作者・・北原白秋=きたはらはくしゅう。1885~1942。詩
    人。

出典・・インターネット「中学受験学習用資料め短歌」。