************** 名歌鑑賞 ****************


いつにても 我玉の緒を 断つすべを 知れる身をもて 
何のなげきぞ
                  柳原白蓮

(いつにても われたまのおを たつすべを しれる
 みをもて なんのなげきぞ)

意味・・私はいつでもわが生命を自ら断つすべを知って
    いるつもりなのに、なにを嘆くのであろうか。

    白蓮は三度結婚している。16歳の時北小路資武
    と結婚して暴力沙汰が絶えず21歳で離婚。28歳
    の時富豪伊藤伝衛門と結婚。父と子ほどの年齢
    差の上に教養のなさ、伯爵の父をもつ白蓮との
    身分の不釣り合い。その上妾を持つ夫。38歳で
    離婚。この間、何度か自殺を図ったという。そ
    の後、社会運動家と結婚した。
    人間的な真実の愛情に生きたいと、思い悩んで
    いた頃に詠んだ歌です。

 注・・玉の緒=命。

作者・・柳原白蓮=やなぎはらびゃくれん。1885~1967。
    東洋英和女学校卒。父は伯爵。三度結婚。佐々木
    信綱に師事。

出典・・歌集「幻の華」(東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」)