**************** 名歌鑑賞 ***************


人間五十年 下天の内を 比ぶれば 夢幻の
如くなり
                 織田信長

(にんげんごじゅうねん げてんのうちを くらぶれば
 ゆめまぼろしの ごとくなり)

意味・・人間の命はわずか五十年しかない。下天に
    比べれば、それは夢幻のように一瞬のはか
    ないものである。

    下天は人間世界の一つ上の天道で、一日が
    人間世界の80年とされる。

    どうせ人生は五十年しかないのだから、死ぬ
    気になって思い切ってやっていこう、と言う
    ことです。

作者・・織田信長=おだのぶなが。1534~1582。本能
    寺で明智光秀に殺される。信長が好んで「敦
    盛」のこの歌を口癖にしていたので、信長と
    結びつけられている。

出典・・幸若舞「敦盛」。