*************** 名歌鑑賞 ***************


みな人の 花や蝶やと いそぐ日も わが心をば
君ぞ知りける 
                 中宮定子

(みなひとの はなやちょうやと いそぐひも わが
 こころをば きみぞしりける)

意味・・世間の人が皆、花や蝶やといそいそと美しい
    ものに浮かれる日も、あなただけは私の本当
    の気持ちを知ってくれているのですね。

    落ちぶれた自分を捨てて、皆が、今をときめ
    く人のもとに走り寄る日も、清少納言よ、そ
    なただけは、私の心の底を、誰よりも知りぬ
    いているのですね、と詠んでいます。

    時代の背景。
    平安時代(794~1192)は藤原氏が摂政関白と
    して政権をにぎった時代である。彼等は始め
    他の氏族を政界から追放して一門の繁栄をは
    かったが、それが達成されると、次いで一門
    の中で露骨な政権争奪が行われた。彼等が政
    権獲得のために取った手段は、外戚政策、す
    なわち自分の娘を妃に立てて皇室と親戚関係
    を結ぶことにあった。この政権争奪の最後の
    勝利者は藤原道長である。兄の藤原道隆の勢
    力をくじいて政権をにぎったのである。そし
    てこれに伴い、道隆の娘定子は、一条天皇の
    妃としての幸福な生活から、たちまち悲運の
    皇后としての暗く寂しい境遇におちいった。
    この頃、定子の女房である清少納言のなぐさ
    めの歌に返歌として詠んだ歌です。

作者・・中宮定子=ちゅうぐうていし。975~1000。
    25歳。一条天皇の后。清少納言は定子の女房
    (女官のこと)。

出典・・枕草子・225段。