*************** 名歌鑑賞 ****************


をみなにて 又も来む世ぞ 生まれまし 花もなつかし
月もなつかし 
                   山川登美子

(おみなにて またもこんよぞ うまれまし はなも
 なつかし つきもなつかし)

意味・・また来ん世には、再び女として生まれて来た
    い。今日まで生き長らえて来た思い出の中に
    は、花もなつかしいし、月もなつかしい。や
    はり来世も女に生まれて来よう。

    27才の時、肺結核で長い療養中に詠んだ歌で
    す。花鳥風月を詠んでいたあの頃の元気な頃
    が思いだされて懐かしい。
   「又来む世ぞ」と詠んでいる心の底には死を思
    っていたのだろう。なんとも言えない悲哀さ
    と、あきらめ切れない苦痛さが籠められてい
    る

 注・・花もなつかし月もなつかし=花鳥風月を詠ん 
     でいた頃の、元気であった時代の思い出で
     す。

作者・・山川登美子=やまかわとみこ。1879~1909。
    29歳。日本女子大学病気中退。与謝野鉄幹創
    刊の歌誌「明星」の初期を晶子と共に飾る。

出典・・明治39年1月号「明星」(永田義直著「短歌鑑
    賞入門」)