*************** 名歌鑑賞 ***************


筑波嶺の 峰のもみじ葉 落ち積り 知るも知らぬも
なべてかなしも          
                 詠人知らず

(つくばねの みねのもみじば おちつもり しるも
 しらぬも なべてかなしも)

意味・・筑波山の峰のもみじ葉が沢山散り重なっている
    ように、美しい女性が大勢集まっており、すで
    に知っている女性も、まだ知らない女性もすべ
    て愛(いと)しく思われます。

    春秋の二回、男女が集まって舞う行事で詠まれ
    た歌です。
    
 注・・筑波嶺=茨城県筑波山。
    知るも知らぬも=私が知っている人も知らない
     人も。
    なべて=すべて。
    かなし=愛し。いとおしい。

出典・・古今和歌集・1096。