*************** 名歌鑑賞 ****************


薄霧の 晴るる朝けの 庭みれば 草に余れる
秋の白露
               永福門院
             
(うすぎりの はるるあさけの にわみれば くさに
 あまれる あきのしらつゆ)

意味・・薄霧が晴れて行く明け方の庭を見ると、
    草にこぼれるほどに置いている秋の白露
    の美しいことだ。

 注・・あさけ=朝明。夜明け。

作者・・永福門院=えいふくもんいん。1271~13
    42。伏見天皇中宮。鎌倉・南北朝期の歌人。
 
出典・・玉葉和歌集。