*************** 名歌鑑賞 ****************


八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 
秋は来にけり   
                 恵慶法師
             
(やえむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそ
 みえね あきはきにけり)

意味・・幾重にも葎(むぐら)の生い茂る寂しいこの家に、
    人は誰も訪れて来ないが、秋だけはいつもと変
    わらずにやって来た。

    詞書に「河原院にて、荒れた宿に秋の心を詠む」
    とあります。
    河原院は、源融(とおる)左大臣が建てた雅(みや
    び)やかで豪華な邸宅であったが、融の没後は荒
    れ果ててしまった。
 
    華やかな過去を思い出しながら、時の推移と共に
    現在の荒廃した姿の哀れさを詠んでいます。

 注・・八重葎=幾重にも茂った葎。「葎」はつる性の草。
     荒廃した邸(やしき)などに茂る。
    源融=みなもとのとおる。822~895。陸奥国塩釜
     の風景を模して作庭した六条河原院を造営。

作者・・恵慶法師=えぎょうほうし。生没年・経歴未詳。
    10世紀後半の人。
 
出典・・拾遺和歌集・140、百人一首・47。