*************** 名歌鑑賞 ****************


招くぞと 心許して 立ち寄れば 尾花が末に 
秋風ぞ吹く
                宗川儀八

(まねくぞと こころゆるして たちよれば おばなが
 すえに あきかぜぞふく)

意味・・招かれて喜んで行った所、そこにはもう秋風が
    吹いて尾花の葉を揺らしている。
    
    形だけの招待とは知らずに行ったところ、尾花
    が秋風で揺らいでいて、招待した相手は呆れか
    えっている。

 注・・尾花=ススキの別名。
    秋風=「秋」に「呆れ」が掛けられている。
 
作者・・宗川儀八=むねかわぎはち。生没年未詳。会津
    藩の武士。