*************** 名歌鑑賞 ****************


むば玉の 今宵ばかりぞ あけ衣 明けなば人を
よそにこそ見め     
                藤原兼輔

(むばたまの こよいばかりぞ あけごろも あけなば
 ひとを よそにこそみめ)

意味・・今宵だけは緋(あけ)の衣(五位)になったあなた
    と共に酒も飲めますが、一夜明ければよその人
    としてあなたを見ることになるでしょう。

    お祝いの席で詠んだ歌です。
    出世した同僚に対して、明日からは上司として
    のお付き合いになります、という気持ちを詠ん
    でいます。

 注・・むば玉の=ぬばたまの。黒、闇、宵などの枕詞。
    あけ衣=緋衣。緋色の制服。平安時代は五位の
     官人が着た。

作者・・藤原兼輔=ふじわらのかねすけ。877~933。
    紫式部の曽祖父。10世紀の歌壇の中心的存在。
 
出典・・後撰和歌集・1116。