*************** 名歌鑑賞 ****************


青海の ありとは知らねで 苗代の 水の底にも
蛙鳴くなり
                       長尾為景

(あおうみの ありとはしらねで なわしろの みずの
 そこにも かわずなくなり)

意味・・青い広々とした海があるということも知らずに、
    狭い苗代の水の底でも蛙は満足して鳴いている。
    
    関ヶ原合戦の顛末を記した「関ヶ原軍記大成」を
    著わした時に、巻尾にこの歌を記したものです。

   「井の中の蛙大海を知らず」を踏まえた歌で、私が
    書いた本は「見識が狭い本です」と、謙遜して付
    けたタイトルとなっています。

作者・・長尾為景=なかおためかげ。1489頃~1543頃。
    上杉謙信の父。

出典・・「関ヶ原軍記大成」(綿抜豊昭著「戦国武将の歌」)