名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2007年10月

10/1 殿原の 名古屋顔なる 鵜川かな       蕪村
10/2 花は根に 鳥は古巣に 帰るなり 春の泊まりを
   知る人ぞなき                宗徳院
10/3 あらたまの 年のをはりに なるごとに 雪もわが身も
   ふりまさりつつ               在原元方
10/4 陸奥に ありというなる 名取川 なき名とりては
   くるしかりける               壬生忠岑
10/5 日のあたる 夢をよく見る 氷室守      武玉川
10/6 刈れる田に おふるひつちの 穂にいでぬ 世をいまさらに
   あきはてぬとか               読み人知らず
10/7 灯の 影にて見ると 思ふ間に 文のうえ白く
   夜は明けにけり               香川景樹
10/8 春日野の 若紫の 摺り衣 しのぶの乱れ
   限り知られず                在原業平
10/9 雪車負うて 坂を上るや 小さい子      一茶
10/10 我こそは 新島守よ 隠岐の海の 荒き波風
   心して吹け                 後鳥羽院
10/11 幾山河 越えさり行かば 寂しさの はてなむ国ぞ
   今日も旅ゆく                若山牧水
10/12 忘れじな 難波の秋の 夜半の空 こと浦に住む
   月は見るとも              宣秋門院丹後
10/13 月花や 四十九年の むだ歩き        一茶
10/14 遠くなり 近くなるみの 浜千鳥 鳴く音にしほの
   満ち干をぞ知る               藤原為守
10/15 秋風に 山の木の葉の 移ろへば 人の心も
   いかがぞと思ふ               素性法師 

10/15 秋風に 山の木の葉の 移ろへば 人の心も
   いかがぞと思ふ            素性法師
10/16 緑なる 一つ若葉と 春は見し 秋はいろいろに
   紅葉けるかも             良寛
10/17 鳥共も 寝入っているか 余呉の海   路通
10/18 家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば
   椎の葉に盛る             有馬皇子
10/19 みぞれ降り 夜のふけゆけば 有馬山 いで湯の室に
   人の音もせぬ             上田秋成
10/20 夕されば 野辺の秋風 身にしみて 鶉鳴くなり
   深草の里               藤原俊成
10/21 清滝や池に散り込む青松葉       芭蕉
10/22 秋風に あへず散りぬる もみじ葉の ゆくへさだめぬ
   秋ぞ悲しき              読み人知らず 
10/23 春すぎて 夏来るらし 白妙の 衣干したり
   天の香具山              持統天皇
10/24 物言わぬ 四方のけだもの すらだにも 哀れなるかな
   親の子を思ふ             源実朝
10/25 柊木が 咲いても 兵は帰り来ず    福島小雷
10/26 月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは
   もとの身にして            在原業平
10/27 咲く花は ちぐさながらに あたなれど 誰かは春を
   うらみはてたる            藤原興風
10/28 筒井つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな
   妹見ざるまに             読み人知らず
10/29 夜宵 秋風吹くや うらの山      曾良
10/30 大江山 いく野の道の 通ければ まだふみもせず
   天の橋立               小式部内侍
10/31 月よみの 光を待ちて 帰りませ 山路は栗の
   いがのしげきに            良寛

月よみの 光を待ちて 帰りませ 山路は栗の いがのしげきに
                        良寛(りようかん)

(つきよみの ひかりをまちて かえりませ やまじはくりの
 いがのしげきに)

意味・・月の光が明るく射すのを待ってお帰りなさい。
    山路は栗のいがが多くて危ないですから。

    訪れた親友に少しでも長く引きとめようとする
    気持を詠んだ歌です。やさしく暖かい心が込め
    られています。

 注・・月よみ=月の異名。
     

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 
天の橋立
            小式部内侍(こしきぶのないし)
            (金葉和歌集・550、百人一首・60)
(おおえやま いくののみちの とおければ まだふみもみず
 あまのはしだて)

意味・・大江山を越え、生野を通って行く丹後への道のりは
    遠いので、まだ天の橋立の地を踏んだこともなく、
    また、母からの手紙も見ていません。

    詞書きに詠作事情が書かれています。
    母の和泉式部が丹後国(京都府北部)へ赴いていた頃、
    作者が歌合に召されることになった。そこへ藤原定
    頼がやってきて、「歌はどうなさいます、丹後には
    人をおやりになったでしょうか。文を持った使者は
    帰ってきませんか」などとからかった。当時、世間
    には、小式部の歌の優れているのは、母の和泉式部
    が代作をしているという噂があった。ここで小式部
    は定頼を引き止めて、この歌をたちどころに詠んで、
    母に頼っていない自分の歌才を証(あか)してみせた。    

 注・・大江山=京都市西北部にある山。
    いく野=「生野」京都府福知山市にある地名。
        「行く」を掛ける。
    ふみ=「踏み」と「文(手紙)」を掛ける。
    天橋立=丹後国与謝郡(京都市宮津市)にある名勝で
     日本三景の一つ。
    藤原定頼=995~1045。藤原公任(きんとう)の子。

作者・・小式部内侍=1000?~1025。若くして死去。母は和泉
     式部。

終宵 秋風聞くや うらの山     曾良(そら)

(よもすがら あきかぜきくや うらのやま)

意味・・旅で病み師と別れ、一人でこの寺に泊まったが
    一晩中ちっとも眠られず、裏山に吹く秋風の音
    を聞いたことだ。
    
    師である芭蕉と奥の細道を四ヶ月共に旅をして
    来たが、病状の身になり師と別れ全昌寺に泊ま
    った時に詠んだ句です。
    一人旅の不安と、師である芭蕉の身を案じる情
    がにじみ出ています。
    芭蕉も一日遅れてここに泊まった時、一夜を隔
    てているだけであるが、まるで千里も隔たって
    いるように思われると言っています。
    
    

このページのトップヘ