名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年07月

思ひ立つ 重きその荷を 卸すなよ 力車は 
くだけぬるとも         宗川儀八(むねかわぎはち)

(おもいたつ おもきそのにを おろすなよ ちから
ぐるまは くだけぬるとも)

意味・・志を立てたなら、その志を貫くという事は
    重い荷を背負うと同じ困難さがあるので、
    荷を積んだ荷車が朽ちたとしても荷を卸さ
    ずに進んでくれ。どんな困難があろうとも
    志を捨てずに進んでいって欲しい。

 注・・力車=荷車。

急がずば ぬれざらましを 旅人の あとよりはるる
野路の村雨           太田道灌(おおたどうかん)

(いそがずば ぬれざらましを たびびとの あとより
 はるる のじのむらさめ)

意味・・もしも急がなければ、濡れなかったであろうに。
    旅人が通った後から晴れていく野の道に降った
    にわか雨だなあ。

    急いだばかりにずぶ濡れになった旅人の後から
    皮肉にも晴れていく村雨の景は「急(せ)いては
    事を仕損じる」の教訓として詠まれています。

 注・・村雨=にわか雨。

この里も ゆふだちしけり 浅茅生に 露のすがらぬ
くさの葉もなし      源俊頼(みなもととしより)

(このさとも ゆうだちしけり あさじうに つゆのすがらぬ
 くさのはもなし)

意味・・この里でも夕立が降ったのだなあ。浅茅生
    には露がすがりついていない草の葉もない。

    旅の途中ですでに夕立に会い、草葉に置い
    た露でここも夕立が降ったことを知る。

 注・・浅茅生(あさぢう)=丈の低い茅が生えてい
      る野原。

石切の 鑿冷したる 清水かな   蕪村(ぶそん)

(いしきりの のみひやしたる しみずかな)

意味・・日盛りの石切り場で、石切人夫が
    石を切り出していたが、夏の暑さ
    にのみも熱くなったので、かたわ
    らの清水にのみをつけて冷やして
    いる。いかにも涼しげそうだ。

    一仕事をすると、のみも熱くなる
    し汗もかく。一息入れるためのみ
    を冷やすのである。

  

高山の 影をうつして 行く水の 低きにつくを 
心ともがな                 読人知らず

(たかやまの かげをうつして ゆくみずの ひくきにつくを
 こころともがな)

意味・・高い山の春夏秋冬の美しい風景を写して
    流れ行く川が低い方に流れて行くように
    私もそのように心掛けて行きたいものだ。

    美しい川は自分を自慢した態度は取らず
    下手に流れて行くように。

このページのトップヘ