名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年08月

としどしの としはかたちに ゆづりやりて 心にとしは
とらせずもがな       大屋裏住(おおやのうらすみ)

意味・・年ごとに加わる齢(よわい)は外見の形に
    ゆずりやって、心には年をとらせたくな
    いものだ。

    肉体の老衰はまぬがれないものとしても、
    精神年齢だけはいつまでも若くありたい
    という誰しもの願いを詠んでいます。

 注・・かたち=姿形、外貌。

常盤なす かくしもがもと 思へども 世の事理なれば
留みかねつる         山上憶良(やまのうえおくら)

(ときわなす かくしもがもと おもえども よのことなれば
 とどみかねつる)

意味・・常磐のようにいつまでも若いままでありたいと
    思うが、老いや死は人の世の定めなので、留め
    たくとも留められない。

    この歌の前に長歌で次のようなことが歌われて
    います。
    この世の中で何ともする事が出来ないのは歳月
    が遠慮なく流れ去って行く事だ。
    勇ましい若者たちが男らしく馬に乗って獣を追
    いまわしていた、その楽しい人生がいつまで続
    いたであろうか。
    いつの間にやら握り杖を腰にあてがうがうよう
    になり、よぼよぼとあっちに行けば人にいやが
    られ、こっちに行けば人に嫌われ、老人になる
    のはつらいものだ。
    それでも長生きしたいと思うものの施すすべが
    ないものだ。

 注・・常盤=大きな岩のように長い間変わらない事。
       木の葉が年中緑であること、常緑。
    かく=斯く、このように。
    世の事理=世は生涯、寿命。事理は物事の筋道。
      人は年老いてやがて死ぬという定め。

亡き母を したひよわりて 寝たる児の 顔見るばかり
憂きことはあらじ         橘曙覧(たちばなあけみ)

(なきははを したいよわりて ねたるこの かおみる
 ばかり うきことはあらじ)

意味・・亡くなった母に向って、お母さん、お母さんと
    言って泣き続けていた児の疲れて寝てしまった
    顔を見る事ほど辛いことはないだろう。

    曙覧の門人の妻が亡くなった時に詠んだ歌です。

 注・・したひ=慕ひ、慕って。
    よわりて=呼わりて、呼び続けて。
    憂き=辛い。

瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ 
何処より 来たりしものぞ   山上憶良(やまのうえおくら)

(うりはめば こどもおもおゆ くりはめば ましてしのばゆ
 いずこより きたりしものを)

意味・・瓜を食べると子供のことが思われる。
    栗を食べるといっそういとしく思われる。
    愛らしい子供といものはどこから来た
    ものか。

海人の刈る 藻に住む虫の われからと 音をこそ泣かめ
世をば恨みじ       
             藤原直子(古今集・807)

(あまのかる もにすむむしの われからと ねをこそ
 なかめ よをばうらみじ)

意味・・漁師が刈る海藻に住む虫の名はわれから。
    その「我から」というように、二人の仲
    がしっくりゆかないのは、誰のせいでも
    無くみんな自分自身のせいなんだと泣い
    ていよう。二人の不仲を恨みがましくは
    思うまい。

    このように辛い目に会うのも、自分に原
    因があるのだからと、声をたてて泣く事
    はしても、世をうらんだりはするまい。

 注・・われから=海藻に付着している甲殻の虫、
     「我から(自ら)」を掛ける。この下に
     「(不幸を)刈る」を補って解釈する。
     「不幸」は男女間の仲たがいと解釈。
    音こそ泣め=声をたてて泣きこそしょうが。
    世=夫婦の仲、男女の仲。

作者・・藤原直子=ふじわらのなおいこ。生没年
     未詳。920年従四位下になる。

いにしへの 難波のことを 思ひいでて 高津の宮に
月のすむらん       源師頼(みなもとのもろより)

(いにしえの なにわのことを おもいいでて たかつ
 のみやに つきのすむらん)

意味・・往古のどんなことを思い出して、難波の
    高津の宮では月が澄んで光っているのだ
    ろうか。

    人は今の月しか見られないが、月は往古か
    らの人々の姿をを見続けている事を詠んだ
    歌です。
    
 注・・難波=難波に「何」の意を掛ける。
    高津の宮=仁徳天皇の皇居があった。
    すむ=「澄む」と「住む」を掛ける。

天の原 振り放け見れば 白真弓 張りて懸けたり
夜道はよけむ    間人大浦(はしひとのおおうら)

(あまのはら ふりさけみれば しろまゆみ はりて
 かけたり よみちはよけん)

意味・・大空を振り仰いで見ると、三日月が白木の弓
    を張ったように空にかかっている。このぶん
    だと夜道はよいだろう。

    夕方から夜にかけて道を急ぐ人の心を詠んだ
    歌です。

 注・・白真弓=白木の弓。三日月を弦を張った弓に
        たとえる。

いづくにも 今宵の月を 見る人の 心やおなじ 
空にすむらん         藤原忠教(ふじわらただのり)

(いずくにも こよいのつきを みるひとの こころやおなじ
 そらにすむらん)

意味・・どこでも今夜の望月を眺めている人の心は、
    同じ空のもとにあって、月のように澄んで
    いるだろうか。

    月自体ではなく、それを見る人の心に焦点を
    合わせて、望月の明月を詠んだものです。

 注・・今宵の月=明月(澄み渡った明るい月)をさす。
    すむ=月光が澄むと人の心が澄むと住むを掛
       ける。

我が命の 全けむ限り 忘れめや いや日に異には
思ひ増すとも          笠女郎(かさのいらつめ)

(わがいのちの またけん かぎり わすれめや いやひ
 にけには おもいますとも)

意味・・私がこの世に生きている限り、あの方を
    忘れる事があろうか。日増しにますます
    恋しさの募ってゆく事はあっても。

 注・・全けむ限り=無事である限り。
    いや日に異(け)に=日増しに、日毎に。

骨をつみ 血しほ流しし もののふの おもかげうかぶ
赤川の水            浅井冽(あさいれつ)

(ほねをつみ ちしおながしし もののふの おもかげ
 うかぶ あかがわのみず)

意味・・川中島の戦いで川が真っ赤になったというので、
    この名がついた赤川の流れを見ていると、骨が
    積まれ血が流れ込むような激しい戦いぶりが思
    われてくる。

    往古より肥沃の地、川中島はそれが故に戦国の
    豪族の争奪の的として幾多の戦いの場となった。
    武田信玄と上杉謙信の戦いは前後10年に及んだ。
    永禄四年、1561年には両軍の死者は八千人を数
    え、屍は山を築き河川は血に染まった。
    この兵どもの夢の跡を偲び詠まれた歌です。

このページのトップヘ