名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年09月

ちはやぶる 香椎の宮の 杉の葉を ふたたびかざす
わが君ぞきみ       大膳武忠(だいぜんたけただ)

(ちはやぶる かしいのみやの すぎのはを ふたたび
 かざす わがきみぞきみ)

意味・・威光のある香椎の宮の杉の葉を、再び冠に
    挿す我が君よ、君。

    藤原隆家が太宰府の師(最高の地位)に再び
    なった時、杉の葉を取り師の冠に挿した時
    に詠んだ歌です。
    マラソンで優勝して月桂樹を冠にした選手
    を讃えるような気持です。
  
 注・・香椎=福岡市東区香椎。
    ちはやぶる=神の枕詞、ここでは「香椎の宮」に掛る。
    神威(神の威力)の意を含む。

かはりゆく 鏡の影を 見るたびに 老鮮の森の 
嘆きをぞする     源師賢(みなもともろかた)

(かわりゆく かがみのかげを みるたびに おいその
 もりの なげきをぞする)

意味・・年とともに変わってゆく鏡に映った我が姿を
    見るごとに、老鮮(おいそ)の森ではないが、
    老いが嘆かれるばかりだ。

    鏡に映る自分の姿に老いを実感する歌です。

 注・・老鮮の森=滋賀県蒲生郡安土町老鮮の森。
        「老い」を掛ける。

春もくれ 夏も過ぎぬる いつはりの うきは身にしむ
秋の初風          兼好法師(けんこうほうし)

(はるもくれ なつもすぎぬる いつわりの うきはみに
 しむ あきのはつかぜ)

意味・・春のころ訪ねてくると言っておきながら、その
    春も暮れ、夏も過ぎてしまった。そして秋の初
    風がもの寂しく感じられるようになると、未だ
    に訪ねて来ない人の嘘言が身にしみてつらく思
    われてくることだ。

    春に訪ねて来ると言った人が秋になってもやっ
    て来ないので詠んだ歌です。
    「梨のつぶて」の子供はどうしているだろうか
    と心配しているのに、来ると言いながら訪れて
    来ない、というような気持です。
    
 注・・うき=憂き、つらいこと。

思ふとも 離れなむ人を いかがせむ 飽かず散りぬる
花とこそ見め        素性法師(そせいほうし)

(おもうとも かれなんひとを いかがせん あかず
 ちりぬる はなとこそみめ)

意味・・こっちがいくら思っていても離れてしまう
    人をどうしたらいいのだろう。ああそうだ、
    不本意ながら散ってしまった花だと思って
    いよう。

    きれいな花が散るのはやむをえないという
    割り切った気持を詠んだ歌です。

 注・・飽かず散りぬる花=十分に眺めないうちに
      散ってしまう花。
    こそ=「こそ」により、そういう花だと思
      うほかあるまい、という気持を表して
      いる。

いなと言えど 強ふる志斐のが 強ひ語り このころ聞か
ずて 我恋ひにけり      
              持統天皇(じとうてんのう)
              (万葉集・236)

(いなといえど しうるしいのが しいかたり このころ
 きかずて われこいにけり)

意味・・「もうたくさん」というのに聞かそうとする、
    志斐婆さんの無理強い語りも、ここしばらく
    聞かないでいると、私は恋しく思われる。

    側近の老婆をからかった歌です。

 注・・志斐の=側近の老婆の名前。「の」は親愛を
        表わす。
    強ひ=志斐を掛ける。

このページのトップヘ