名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年10月

山守よ 斧のをと高く ひびく也 みねの紅葉は よきてきらせよ
               藤原師実(ふじわらものざね)

(やまもりよ おののおとたかく ひびくなり みねのもみじは
 よきてきらせよ)

意味・・山守よ斧の音が高く響いている。山の峰の
    紅葉は避けて手斧で切るようにさせよ。

    紅葉の美しさを間接的に詠んだ歌です。

 注・・山守=山を守る人。山の番人。
    よきて=「避きて」と「斧(よき)」を掛ける。
 

一人買い 釣られ買いする 秋刀魚かな            
.                  桑垣信子(くわがきのぶこ)

(ひとりかい つられかいする さんまかな)


   スーパーでのタイムセールや香具師の叩き売り、
   はたまた、株価暴落時の投売り等の群集心理を
   詠んだ句です。

つらからば われも心の 変はれかし など憂き人の 
恋しかるらむ        紫式部(むらさきしきぶ)

(つらからば われもこころの かわれかし などうき
 ひとの こいしかるらん)

意味・・こんなにつらいのなら、自分の心も変わって
    しまえばいいのに。どうして自分につらい思
    いをさせる、あの心変わりをした人が今なお
    こんなに恋しいのだろう。
     
 「人のつらくは 我も心の変われかし 憎むに愛(いと)
  ほしいは あんはちや」(閑吟集)が本歌です。

意味・・向うが冷たくなったのだし、自分も心変わりを
    してやりたいのに、ああ、嫌われていながらあ
    の人が愛しいなんで、くやしいなあ。

 注・・あんはちや=あん恥や、恥辱だ。
    

しづやしづ しづの苧環 くり返し 昔をを今に
なすよしもがな
            静御前(しずかごぜん)

(しずやしず しずのおだまき くりかえし むかしを
 いまに なすよしもがな)

意味・・倭文(しず)の布を織る麻糸を丸く巻いた苧環
    (おだまき)から、糸が繰り出されるように、
    再び繰り返えして、昔の二人の仲を今に繰り
    返す方法はないものかなあ。

    義経を慕っている静御前が、頼朝の前で舞曲
    を奉じる時に吟じたものです。    

    義経が頼朝に追われているが、追われる前の
    良き時代に今をする事が出来たならなあ、と
    いう気持を詠んだ歌です。

 注・・しづ(倭文)の苧環(おだまき)=倭文は古代の
     織物の名、苧環は織物を織る糸を巻き取る
     道具、くるくると繰り返し巻き取る。

若竹の 生い行く末を 祈るかな この世を憂しと いとふものから
                  紫式部(むらさきしきぶ)

(わかたけの おいゆくすえを いのるかな このよをうしと
 いとうものから)

意味・・いやなことばかりの世の中。でも今はこの子が
    若竹のようにすくすく生きてくれますようにと
    ひたすら祈ります。

    幼児が熱をだしたので、疫病の兆候ではないか
    と心配して、祈って詠んだ歌です。

 注・・若竹=その年に生えた竹。ここでは我が児を暗
       示している。筍の皮がすっかりなくなった
       頃の竹。
    憂し=つらい、憂鬱。
    いとふ=厭う、嫌う。

このページのトップヘ