名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年11月

世にふるも 更に時雨の やどりかな  宗祇(そうぎ)

(よにふるも さらにしぐれの やどりかな)

意味・・時雨降る(信濃路で)一夜の雨宿りをするのは
    侘しい限りであるが、更に言えばこの人生
    そのものが時雨の過ぎるのを待つ雨宿りの
    ようではないか。
    
    冷たい雨が降ったり止んだりするように、
    人生も良かったり悪かったりするという無
    常観を詠んでいます。

    本歌は二条院讃岐の、

 「世に経るは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる
  初時雨かな」(名歌観賞・583)です。

 注・・ふる=「降る」と「経る」を掛ける。
    さらに=さらに言えば。
    時雨=初冬のにわか雨。人生の無常や冬の
       始まりの侘しさを感じさせる。

世に経るは 苦しきものを 槙の屋に やすくも過ぐる
初時雨かな       二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(よにふるは くるしきものを まきのやに やすくもすぐる
 はつしぐれかな)

意味・・世を生きながらえていくことは辛く苦しいもの
    なのに、槙の屋に降る初時雨はいとも軽々しく
    降り過ぎていくことだ。

    辛さや苦しみ、悲しみを十分味わったので、「
    やすく過ぐる」ように、これからは容易に世を
    過ごす事が出来たら良いのに、という気持を詠
    んでいます。
    なお、二条院は平家との戦いで父と子を亡くし
    ています。

 注・・世に経る=この世に生きながらえる。
    槙の屋=槙の板で葺(ふ)いた家。
    やすく過ぐる=なんの苦しみもなくさらさらと
       降り過ぎる。
 

濡れてほす 山路の菊の つゆのまに いつか千年を
我は経にけむ          素性法師(そせいほうし)

(ぬれてほす やまじのきくの つゆのまに いつかちとせを
 われはへにけん)

意味・・山路の菊の露に濡れて仙宮に到ったが、着物を
    乾かすほんのわずかの間に、私はいつ千年も過
    ごしてしまったのだろうか。

    詞書は、
    仙人の家(仙宮)に菊の咲いた細道を分けて入っ
    て行く人がある、その模型を見て詠んだ歌です。

    蝉の一ヶ月は人の100年に当たり、仙人の
    一日は人間界の千年に当たるほど、時は永遠
    不変という事を詠んだ歌です。

    短い時間を長い時間掛けてゆったりと過ごし
    したいという気持を詠んでいます。
    老いた人の一日はすごく短いが、幼児の時の
    一日はすごく長く感じる。この幼児のような
    時間の使い方が出来たらなあ、という気持です。

 注・・つゆ=菊の「露」とつゆのまにの「つゆ」の掛詞。

植えしとき 花まちどほに ありし菊 移ろふ秋に
あはむとや見し         大江千里(おおえのちさと) 

(うえしとき はなまちどおに ありしきく うつろうあきに
 あわんとやみし)

意味・・かって植えた時には、花の咲くのが待ち遠しくて
    しかたがなかった菊であるが、それがしだいに成
    長し花が咲き色が変わりかける事が、こんなに早
    く実現しょうとは誰が思った事であろうか。    

    植えた菊が花を咲かせ、枯れて行く月日の経過が
    早いのに驚いて詠んだ歌です。

 注・・花まちどほに=花が咲くのが待ち遠しい。
    移ろふ秋=青葉が黄葉となり枯れて落葉となって
         ゆく秋。
    あはむとや見し=会うと思ったであろうか、いや
         そうとは思えない。「や」は反語。

秋風の 吹きにし日より 音羽山 峰のこずえも 
色つきにけり          紀貫之(きのつらゆき)

(あきかぜの ふきにしひより おとばやま みねの
 こずえも いろつきにけり)

意味・・秋風が吹き始めた初秋の時から風の音が絶え間
    なくするが、その音羽山を今日眺めると、峰の
    こずえまですっかり紅葉している。

 注・・音羽山=京都と滋賀県の境にある山。音羽山の
       「音」と、風の「音」を掛ける。

このページのトップヘ