名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2008年12月

わが宿は 雪降りしきて 道もなし 踏みわけてとふ
人しなければ           読人知らず

(わがやどは ゆきふりしきて みちもなし ふみわけて
 とう ひとしなければ)

意味・・我が家の庭には雪が一面に降って道さえも
    なくなってしまった。この雪の道を踏み分
    けて訪ねてくれる人なんて一人もないもの
    だ。

    きれいに降り敷いた我が家の雪景色を誰か
    に見てもらいたい気持を詠んだ歌です。

 注・・とふ人しなければ=「とふ人はなし」と同じ。
    

沖縄の潮の香のせし賀状来る   北海道 佐藤美津夫

(おきなわの しおのかのせし がじょうくる)

意味・・ここ北海道では雪と寒さのため、家に引っ込み
    勝ち。沖縄から来た年賀状を見ていると陽気な
    春を思わせ、また何処までも透き通った海で遊
    んだ事を思わせる。
    ここ北海道にも、は~るよ来い、早く来い。

ながきよの とをのねぶりの みなめざめ なみのり
ふねの おとのよきかな        (読人不明)

(長き夜の遠の眠りのみな目覚め波乗り舟の音の良きかな)

意味・・長い夜の眠りはすでに目覚めている。
    私は宝船に乗って心地よい波の音が聞こえて
    来る夢を見た。
    このような吉夢が見られた事は、今年は良い
    年になりそうだ。

    回文です。
    この歌は16世紀中国の「日本風土記」の本
    に紹介されたものです。
    近世、初夢の晩(正月二日)に吉夢を見る為に
    宝船の絵を枕の下に敷く風習があった。
    その絵に添えて書かれた歌です。

あらぬ世に くれまどひぬる いとなみも 一夜あくれば
なれる春かな          心敬(しんけい)

(あらぬよに くれまどいぬる いとなみも ひとよ
 あくれば なれるはるかな)

意味・・世間一般の年の暮れの忙しさに途方にくれて
    いても、一夜明けて新春を迎えると、これま
    でとうって変わって、別の世界になったよう
    な気分になるものだ。
    
    「あらぬ世に」はここで切り、「一夜あくれ
    ば」に続きます。

 注・・あらぬ世=別世界。
    くれまどひぬる=途方にくれる。「くれ」に
      「(年の)暮れ」を掛ける。
    なれる=成れる。

筑波嶺の 峰のもみじ葉 落ち積り 知るも知らぬも
なべてかなしも          読人知らず
(つくばねの みねのもみじば おちつもり しるも
 しらぬも なべてかなしも)

意味・・筑波の峰にもみじが散っているが、そのもみじ
    のようにきれいな人、私の知人であってもなく
    ても愛(いと)しいものですよ。

 注・・筑波嶺=茨城県筑波山。
    知るも知らぬも=私が知っている人も知らない
        人も。
    なべて=すべて。
    

このページのトップヘ