名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年01月

梢ふく 風の心は いかがせん したがふ花の 
恨めしもかな         西行(さいぎょう)

(こずえふく かぜのこころは いかがせん したがう
 はなの うらめしもかな)

意味・・梢を吹く風の心は、どうすることも出来は
    しない。でもその風の心のままに散ってゆ
    く花は何とも恨めしく思われることだ。

    無情の風が吹いて花を散らせてしまうのは
    仕方がないとしても、どうして花がそんな
    風の言うままに散ってしまうのかと、自分
    にとって好ましい花が時流に押し流されて
    手元から消えてしまうのを嘆いた歌です。    

 注・・いかがせん=「いかが」は反語を表す。
          どうしょうもない。

文もなく口上もなし粽五把  服部嵐雪(はっとりらんせつ)

(ふみもなく こうじょうもなし ちまきごわ)

意味・・端午の節句に知人から粽を五把届けられて来
    た。使いの者は手紙も持たず、挨拶の言葉も
    なく、ただだまってそれを置いて帰った。

    嵐雪がこの句を読む半世紀ほど昔、貞徳が歌
    人の木下長嘯子(ちょうしょうし)に五把の粽
    を贈った。その時に添えたのが次の歌です。

ちかきやま まがわぬすまい ききながら こととひはせず
はるはすぐせる    貞徳

(近くの山にわび住まいしておられると聞いていましたが、
 訪ねもせず今年の春も暮れようとしています。)

    この歌は折句になっていて、各句の頭と句尾を拾ってゆく
    と、「ちまきこわ(粽五把)」「まいらする」になります。

    長嘯子のお礼の歌です。

ちよふとも まだなおあかで きくべきは このおとづれや
はつほととぎす       木下長嘯子

(千年たっても飽くこともなく聞きたいのは、ほとどぎすの
 初音、つまり、あなたからの便りです)

 この歌も「ちまきこは」と「もてはやす」の折句になって
 います。

    嵐雪の句はこんな気の利いた歌を添えるでもなく、
    粽だけ置いていったというものです。

 注・・口上=口でのべること。
    粽(ちまき)=端午の節句(5月5日)に食べる
      餅の一つ。葛粉などで作った餅を笹など
      で巻いて蒸したもの。
    五把=粽を五個束ねたものが一把、戦前まで
      は10個束ねたものが一把であった。
      粽五把は50個。

みよしのの 山の白雪 踏み分けて 入りにし人の
おとづれもせぬ       壬生忠岑(みぶのただみね)

(みよしのの やまのしらゆき ふみわけて いりにし
 ひとの おとづれもせぬ)

意味・・俗世を逃れてみ吉野の山の白雪を踏み分けて入っ
    た人が、帰って来ないばかりでなく、便りもくれ
    ないとは、いったいどうしたわけなのだろうか。

    寒さの厳しい山で住む友を思いやる気持を詠んだ
    歌です。
    当時、次の歌のように、吉野山は、俗世を逃れ住
    む所でもあった。    

み吉野の 山のあなたに 宿もがな 世の憂き時の
かくれがにせむ

(吉野山の向こう側に住む家があればいいなあ、世の中が
 嫌になった時の隠れ家にしょう)

 注・・みよしの=吉野は奈良県南部の地、「み」は美称。
      ここでは、世を逃れる人の入る山。
    入りにし人=山に入って、そのまま出家した人。

思へただ 花の散りなん 木のもとに 何をかげにて
わが身住みなん           西行(さいぎょう)

(おもえただ はなのちりなん このもとに なにを
 かげにて わがみすみなん)

意味・・桜の花よ、お前が散ってしまったら、その木の
    下で今後何を頼りに自分は住もうか、もはや陰
    とたのむべき何物もないことを思ってどうか散
    らないで欲しい。

    花が散ってしまった後では自分はどんな木陰に
    住んでも心が休まることがない。すなわち時代
    が変わってしまって、昔の美意識や価値観のま
    ま取り残されてしまった、という自分の悲哀を
    詠んだ歌です。

 注・・花=「今まで被っている恩恵」を花にたとえて
      います。

そえにとて とすればかかり かくすれば あな言い知らず
あふさきるさに               読人知らず

(そえにとて とすればかかり かくすれば あないい
 しらず あうさきるさに)

意味・・それならこうしょうと思って、ああすればこう
    なる。こうすればああなる。ああ、なんと言えば
    いいのだ、一方がよければ一方が悪くなる。

    物事がうまく運ばないために、途方にくれている
    心を詠んだ歌です。

 注・・そえ=「え」は故、その故に。
    とすればかかり=ああすればこうなり。
    かくすれば=こうすればああなる。下に「とあり」
      が省略されている。
    あうさきるさに=行き違いの状態。帯びに短したす
      きに長しの状態。
     
    

このページのトップヘ