名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年02月

待つ人の 今も来たらば いかがせむ 踏ままく惜しき
庭の雪かな         和泉式部(いすみしきぶ)

(まつひとの いまもきたらば いかがせん ふままくおしき
 にわのゆきかな)

意味・・私が待つあの人がもし今来たらどうしょう。
    踏むのがもったいない庭の雪だこと。

    白一面の庭はあまりにも美しい、その美しさ
    に思わず心を奪われる感慨を詠んでいるが、
    それでも、恋人が来て足跡を付けられた方が
    良いという気持です。
    

われ男の子 意気の子名の子 つるぎの子 詩の子恋の子
ああもだえの子      与謝野鉄幹(よさのてっかん)

(われおのこ いきのこなのこ つるぎのこ しのこ
 こいのこ ああもだえのこ)

意味・・私は男児の誇りに生きるものであり、意気に
    感じて生きるものであり、名誉を重んじるも
    のであり、剣を重んじるものである。しかし
    また一面で詩を愛し、恋愛の情を大切にする
    人間でもある。ああなんと悩み多い人間であ
    ることだ。

鶯の 声なかりせば 雪きえぬ 山ざといかで
春をしらまし         中務(なかつかさ)

(うぐいすの こえなかりせば ゆききえぬ やまざと
 いかで はるをしらまし)

意味・・春が来ても雪の消えない山里では、もし春を
    告げる鶯の声が無かったとしたら、どうして
    春が来たことを知ることが出来ようか。

百伝ふ 盤余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 
雲隠りなむ          大津皇子(おおつのみこ)

(ももづとう いわれのいけに なくかもを けふのみ
 みてや くもかくりなん)

意味・・この盤余の池に鳴く鴨を今日限りに見て、
    私は死んでしまうのであろうか。

    自己の死を凝視(ぎょうし)して詠んだ辞世の
    歌です。謀反の罪で殺された。

 注・・百伝ふ=盤余の枕詞。無限に続く意を表し
       第四、五句のはかなさに対比させる。
    盤余(いわれ)=奈良県磯城郡盤余。
    雲隠り=昇天して雲の中に隠れる、貴人が
       死ぬこと。

思ふまじ 思ふまじとは 思へども 思ひ出だして
袖しぼるなり           良寛(りょうかん)

(おもうまじ おもうまじとは おもえども おもい
 いだして そでしぼるなり)

意味・・亡くなった子を思い出すまい、思い出すまい
    とは思うけれども、思い出しては悲しみの涙
    で濡れた着物の袖を、しぼるのである。

    文政2年(1819年)に天然痘が流行して子供が
    死亡した時の歌です。
    

このページのトップヘ