名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年05月

鶯に 夢さまされし 朝げかな  良寛(りょうかん)

(うぐいすに ゆめさまされし あさげかな)

意味・・短い春の夜は明けやすく、見続けていた夢も
    美しい鶯の声によって覚まされた。名残り惜
    しい夢ではあったが、鶯のさえずる夜明けは、
    まことに素晴らしいことだ。

 注・・朝げ=朝明け。夜明け。

作者・・良寛=1758~1831。新潟県
      出雲町に左門泰雄の長子として
      生まれる。幼名は栄蔵。

ひよりぞと 思ひて出づれば 風さむし 全く好き日は
日にも得がたし 橘曙覧(たちばなあけみ)

(ひよりぞと おもいいずれば かぜさむし またくよき
 ひは ひにもえがたし)

意味・・良い天気だなあと思って出かけたのだが、
    風が出て来て寒くなった。全く気持ちの
    好い天気は一日の中でも得がたいものだ。

    この世の中に完全なものはない、という
    気持ちを詠んでいます。

 注・・ひよりぞと=良き日和だと。良きを補う。
    日にも得がたし=一日の日の中でも得が
      たい。

作者・・橘曙覧=1812~1868。国文学者。家業を
     異母弟に譲り25歳頃隠棲。「独楽吟」
     等の歌集がある。

天の川 苗代水に せきくだせ あま下ります
神ならば神         能因法師(のういんほうし)

(あまのがわ なわしろみずに せきくだせ あまくだり
 ます かみならばかみ)

意味・・天の川から苗代水を堰(せ)いて地に落として
    下さい。天から降臨して、雨も降らせもする
    神様ならば、その神よ。

    伊予の国(愛媛県)で、正月から四月まで雨が
    降らず苗代も出来ないので、歌を詠み雨が降
    ることを祈ったものです。   

 注・・あま下り=「天下り」で天から降臨する意に
      「雨降(くだ)り」の意を掛ける。

作者・・能因法師=988~1050。俗名橘永愷(ながやす)。
      中古36歌仙。著書「能因歌枕」など。

吹きいづる はげしの風に むらくもの はれゆくあとの
月まどかなり       内藤政俊(ないとうまさとし)

(ふきいずる はげしのかぜに むらくもの はれゆく
 あとの つきまどかなり)

意味・・激しい風が吹き付けて暗雲を取り払った。
    その後の月の光のさわやかなことだ。

    幕末の挙田藩(ころもたはん・愛知県豊田市)
    は財政難で苦しんでいた。それは賄賂をもらい
    浪費する家老たちがいたからだ。そのあげく、
    農民に増税しなければならなかった。藩の塾長
    で正義感の強い竹村梅斎がこの問題に取り組ん
    だ。その結果成功するのだが、梅斎は自殺に追
    い込まれた。これを惜しみ、また梅斎の功績を
    たたえて藩主の政俊が詠んだ歌です。

 注・・むらくも=群雲、一群の雲。

作者・・内藤政俊=徳川幕末の挙田(ころもた)藩主。

山彦の こたふる山の ほとどぎす 一声なけば
二声ぞきく         能因法師(のういんほうし)

(やまびこの こたえるやまの ほとどきす ひとこえ
 なけば ふたこえぞきく)

意味・・山のほとどぎすは山彦が答えるので、
    一声鳴くと二声鳴くように聞こえる。

    ほとどぎすは一声だけ鳴くものとされ
    ていたので、二声聞くのが風流人の願
    望だった。

作者・・能因法師=988生れ。俗名橘永愷。
      出家して能因。中古36歌仙。

このページのトップヘ