名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年06月

月や出る ほしの光の かはるかな すずしき風の
ゆふやみのそら       伏見院(ふしみいん)

(つきやいずる ほしのひかりの かわるかな
 すずしきかぜの ゆうやみのそら)

意味・・月が出ようとしているのだろうか。キラ
    キラまたたいていた星の光が、少し薄ら
    いで変わってきたようだ。涼しい夏の夜
    風が吹きすぎてゆく夕闇の空であるよ。

 注・・や=疑いの気持ちを表す、・・ではなか
      ろうか。

作者・・伏見院=1265~1317。92代天皇。

露の身の 消えもはてなば 夏草の 母いかにして
あらんとすらん          読人知らず

(つゆのみの きえもはてなば なつくさの はは
 いかにして あらんとすらん)

意味・・露のようにはかないわが身が命耐えて
    しまったならば、母はどのようにして
    生きて行くことだろうか。

    母に先立ち死ぬ娘の心を詠んだ歌です。
 
 注・・露の身=露のようにはかない身。
    夏草の=葉を導く枕詞。ここでは同音の
        「はは」を導いている。
    あらん=生きている、健在である。

澄めば見ゆ 濁れば隠る 定めなき この身や水に
やどる月かげ     藤原永範(ふじわらのながのり)

(すめばみゆ にごればかくる さだめなき このみや
 みずに やどるつきかげ)

意味・・心が澄めばよく見えるし、濁れば隠れて
    しまう。無常なこの身は水に映る月のよ
    うなものであろうか。

    静かな水面には月は映り、波たって濁れ
    ば月は映らない。人の気持ちもこのよう
    なもので、心が穏やかな時は水面に月が
    映って美しい状態だが悩みなどがあって
    心が穏やかでなくなると月は映らなって
    しまう。

 注・・定めなき=はかない、無常だ。

作者・・藤原永範=1180没。81歳。正三位宮内郷。

橘の にほふあたりの うたた寝は 夢も昔の
袖の香ぞする 
      藤原俊成の女(ふじわらのとしなりのむすめ)

(たちばなの におうあたりの うたたねは ゆめも
 むかしの そでのかぞする)

意味・・橘の花の香が薫るあたりでのうたた寝は、
    夢の中でも昔親しかった人の袖の香りが
    することだ。

    橘の香りと夢により、昔の恋が一瞬よみ
    がえった情感を詠んでいます。本歌は「
    五月まつ花橘の香をかげば昔の人の袖の
    香ぞする」です。(意味は下記参照)

 注・・昔の袖の香=昔の人の袖の香。

本歌です。

五月まつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 
袖の香ぞする         読人知らず 

(さつきまつ はなたちばなの かをかけば むかしの
 ひとの そでのかぞする)
 
意味・・五月を待って咲く橘が早くも咲いて、その香り
    が匂ってくる。それは昔親しかったあの人の袖
    の香りが思いだされる。

    香りを通じて思い出されてくる懐かしさを詠じた
    ものです。

 注・・五月まつ=五月になって咲く。
    花橘=橘の花。
    袖の香=今様で言えば香水の香り。

風をいたみ 岩うつ波の をのれのみ くだけてものを
おもふころかな     源重之(みなもとのしげゆき)

(かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ くだけて
 ものを おもうころかな)

意味・・風が激しいので、岩を打つ波が砕けるように、
    自分だけが心を千々にくだいて物思いをする
    この頃だ。

    岩をつれなき女に、波をわが身にたとえてい
    ます。

 注・・いたみ=痛み。痛みを感じる、(風が)激しい
         ので。

      

作者・・源重之=1000没、60余歳、陸奥守、36歌仙。


このページのトップヘ