名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年07月

風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎの夏の
しるしなりける  藤原家隆(ふじわらのいえたか)

(かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは みそぎの
 なつの しるしなりける)

意味・・風がそよそよと楢の葉に吹いている、この
    ならの小川の夕暮れは、秋の訪れを感じさ
    せるが、六月祓(みなづきばらえ)のみそぎ
    だけが、夏である事のしるしなのだなあ。

 注・・ならの小川=京都市北区の上賀茂神社の中
      を流れる御手洗川。「なら」は「楢」
      の掛詞。
    みそぎ=川原などで水によって身を清め、
      罪や穢(けが)れを払い除く事。ここで
      は六月祓(ばら)え(夏越しの祓え)をさ
      す。六月祓えは陰暦6月30日に行わ
      れ、上半期の罪や穢れをはらい清める。

作者・・藤原家隆=1158~1237。非参議従二衣。
      「新古今集」の撰者の一人。

夕立の にごりにしむは いやいやと 蓮はかぶりを
ふる池の中     山手白人(やまのてのしろひと)

(ゆうだちの にごりにしむは いやいやと はすは
 かぶりを ふるいけのなか)

詞書・・蓮池の夕立。

意味・・濁りに染(し)まぬ蓮の葉と古歌にも詠まれて
    いるが、なるほど、夕立の通り過ぎたあとの
    古池には、濁り水に染むのをいやだいやだと
    いうように、蓮の葉が風に吹かれて頭をふっ
    ている。

    夕立が降ったあと、風が吹き蓮の葉をゆらし
    ている涼しい風景描写となっています。

    古歌は「蓮葉の濁りに染まぬ心もて何かは露
    を玉とあざむく」(意味は下記参照)

 注・・ふる=「振る」と「古」を掛ける。

作者・・山手白人=1737~1787。本名は布施弥次郎。
      幕府の評定所留役。

古歌の意味

蓮葉の 濁りに染まぬ 心もて なにかは露を 
玉とあざむく         僧正遍昭

(はちすばの にごりにしまぬ こころもて なにかは
 つゆを たまとあざむく)

意味・・蓮の葉は泥水のなかに生えながら濁りに染ま
    らない清らかな心を持っているのに、その心
    でどうして葉の上に置く露を玉と見せて人を
    だますのか。

    上句は法華経の経文(世間の法に染まらざること
    蓮華の水にあるがごとし)による。
    露を玉とみる典型的な見立ての伝統を踏まえ、
    清浄の象徴である蓮が欺く、と意表をついた表
    現が趣向。

秋も秋 こよひもこよひ 月も月 ところもところ
みるきみもきみ     
光源法師 (後拾遺和歌集・265)

(あきもあき こよいもこよい つきもつき ところも
 ところ みるきみもきみ)

左注・・ある人が言うには、賀陽院で八月十五夜の
    月が美しかった晩に、宇治前太政大臣頼通
    さまが歌を詠めと仰せられたので詠んだ歌
    です。

意味・・秋もまさに仲秋、こよいもまさに十五夜、
    所も天下の賀陽院、月見る君も宇治前太政
    大臣の関白さま(時・所・人を得てこよい
    の名月はまさに最高でございます)。

 注・・賀陽院=関白頼通の別邸。
    秋も秋=秋(七・八・九月)といっても一番
      よい仲秋。
    こよひもこよひ=今宵といっても明月の今
      宵。
    月も月=月といっても十五夜の満月。
    ところもところ=場所もまさに関白邸の賀
      陽院。
    みるきみもきみ=月見る君といったら、ま
      さに一の人関白さま。

作者・・光源法師=こうげんほうし。比叡山の僧。
     1035年頃の人。

夏山の 夕下風の 涼しさに 楢の木陰の 
たたま憂きかな  西行(さいぎよう)

(なつやまの ゆうしたかぜの すずしさに ならの
 こかげに たたまうきかな)

意味・・夏山の夕暮れ時には、木の下を吹いてくる風
    の涼しさに、楢の木陰からなかなか去り難い
    ことだ。

 注・・夕下風=夕方に木陰を吹いてくる風。
    たたま憂き=立ち去る(たたまく)のがつらい。

作者・・西行=1118~1190。俗名佐藤義清(
      のりきよ)。鳥羽上皇の北面武士であった
      が23歳で出家。「新古今集」では最も
      入選歌が多い。

かたがたの おやのおやどち いはふめり この子の
ちよを 思ひこそやれ 藤原保昌(ふじわらのやすまさ)

(かたがたの おやのおやどち いわうめり このこの
 ちよを おもいこそやれ)

詞書・・子の袴着をしました時に、父方母方の祖父 
    が出席しました時に詠んだ歌。

意味・・父方母方の親の親同士が孫の袴着を祝って
    いるようです。子の子(孫)が輝かしく長生
    する事を私も心から願っています。

    「かたがたのおやのおやどち」と「子の子
     のちよ」の表現の面白さを詠んだ歌です。   

 注・・袴着=男子が初めて袴を着ける儀式。五歳
      または七歳に行った。
    かたがたの=方々の。双方の。
    おやのおやどち=親の親同士。
    いはふ=祝う。
    この子=「この子」と「子の子」を掛ける。
    ちよ=千代。千年、非常に長い月。

作者・・藤原保昌=~1036。正四位、丹後守。和泉
      式部の夫。

このページのトップヘ