名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年08月

心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき
夜 半の月かな       
          三条院(さんじょういん)
        (後拾遺和歌集・860、百人一首・68)

(こころにも あらでうきよに ながらえば こいし
 かるべき よわのつきかな)

詞書・・病気になって帝位を去ろうと思っている
    時分、明るい月を見て詠んだ歌。

意味・・心ならずも、この辛い世の中に生き長ら
    えていたならば、今、この宮中で眺める
    夜半の月も、恋しく思い出されるに違い
    ないだろうなあ。

    病気などの理由で、不本意ながらに退職
    する時の気持ちであり、退職して収入の
    ない将来の絶望的立場より今の時点を振
    り返って見ると、病気をしてでも仕事を
    している今が、不遇でも恋しくなるだろ
    うなあ、という気持ちを詠んでいます。

 注・・心にもあらで=自分の本意ではなく。早
      く死んだほうがましだという気持ち。
    憂き世=生きるのにつらい世。
    ながらへば=生きながらているならば。

作者・・三条院=976~1017。三条天皇は眼病に
      苦しみ、藤原道長に退位を画策され
      帝位を去る。

浅ぢふの 秋の夕暮れ なく虫は わがごとしたに
ものやかなしき    平兼盛(たいらのかねもり)

(あさじうの あきのゆうぐれ なくむしは わがごと
 したに ものやかなしき)
 
意味・・荒れ果てた野の秋の夕暮れ時に鳴いている
    虫は、私のように心の中で何か悲しい事が
    あるのであろうか。
    
 注・・浅ぢふ=浅茅生、たけの低い茅の生えてい
      る所、転じて荒れ果てた野をいう。
    したに=下に、下部に、内部に、心の中に。

作者・・平兼盛=~990。駿河守。36歌仙の一人。

参考・・兼盛の悲しい事とは小人の悲しみではなく、
    聖人の悲しみです。民を幸せに出来ない悲
    しみです。    

隼人の 薩摩の瀬戸を 雲居なす 遠くも我れは
今日見つるかも    長田王(ながたのおおきみ)

(はやひとの さつまのせとを くもいなす とおくも
 われは けふみつるかも)

意味・・あの隼人の住む薩摩の瀬戸を、空の彼方
    の雲のように、遠くはるかな思いのあつ
    たあの瀬戸を、今日はじめて見ることが
    出来たぞ。

    遠く異郷の果てまで来て、薩摩の瀬戸を
    見た感慨を詠んでいます。

 注・・隼人=九州の大隈・薩摩地方に住んで
      いた精悍な部族。
    薩摩の瀬戸=現在の黒瀬戸。天草諸島
      の最南の長島と鹿児島の阿久根と
      の間の狭い海峡。

作者・・長田王=737没。近江守。正四位。

村雨の 露もまだ干ぬ 槙の葉に 霧立ちのぼる
秋の夕暮れ      
        寂蓮法師(じゃくれんほうし)
        (新古今集・491、百人一首・87)

(むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きり
 たちのぼる あきのゆうぐれ)

意味・・ひとしきり降った村雨が通り過ぎ、その雨
    の露もまだ乾かない杉や檜の葉に、早くも
    霧が立ちのぼって、白く湧き上がってくる
    秋の夕暮れよ。

    深山の夕暮れの風景。通り過ぎた村雨の露
    がまだ槙の葉に光っている。それを隠すよ
    うに夕霧が湧いて来て幽寂になった景観を
    詠んでいます。

 注・・村雨=にわか雨。
    露=雨のしずく。
    まだ干ぬ=まだ乾かない。
    槙(まき)=杉、檜、槙などの常緑樹の総称。

作者・・寂蓮法師=1139~1202。俗名は藤原定長。
      新古今集の撰者の一人。従五位上。

 

朝露に 咲きすさびたる 月草の 日くたつなへに
消ぬべく思ほゆ         読人知らず

(あさつゆに さきすさびたる つきくさの ひくたつ
 なへに けぬべくおもほゆ)

意味・・朝露を浴びて我が物顔に咲き誇る露草が、
    日が傾くにつれてしぼむように、日暮れ
    が近づくにつれて、私の心もしぼんで消
    え入るばかりだ。

    恋の歌です。男の訪れを待つ日暮れ時の
    女心です。

 注・・すさび=気の向くままに物事をする。
    月草=露草。朝露を受けて咲き始め午後
      になるとしぼむ。
    くたつ=日が傾く。
    なへ=・・とともに、・・につれて。

このページのトップヘ